腰痛は姿勢の悪さが原因かも|生活習慣を見直して早めに改善しよう

看護師

関節の痛みを解決

手

全身に広がる前に

手足の関節に生じる痛みに悩まされている人は少なくないものです。そうした痛みの多くは関節や軟骨そのものに原因がある関節炎や関節症ですが、関節リウマチのケースもあります。人口約90万人を抱える世田谷区の中で、関節リウマチ患者はおよそ1万人に達すると推定されます。女性患者は男性の4倍とも言われていますので、世田谷区全体で8千人近い女性がこの病気に悩まされていると見られるのです。そのため世田谷区内の病院やクリニックでもリウマチを専門に扱う診療科が多くなっています。関節リウマチは昼よりも朝に症状が発生しやすい病気です。関節のこわばりから始まって痛みへと発展し、何年もかかって症状がゆっくりと進行します。治療せずにいると関節の炎症と破壊がさらに進み、全身へと広がっていきます。そうなる前に治療を始めることで、少しでも治りやすくなるのです。関節リウマチの治療は一般の内科や整形外科でも対応できますが、できれば専門外来を受診した方がいいでしょう。この病気は単なる関節の炎症や変形ではなく、自己免疫疾患に属する膠原病の一種です。検査や診断も難しい面があり、多くの血液検査を実施することで診断も可能になるのです。

サイトカイン阻害薬の効果

関節リウマチの治療は薬物療法やリハビリが中心ですが、重症化している場合は手術も実施されます。重症でなければ薬だけでも症状の改善が見込めるものです。その意味でも早期治療が重要になってきます。世田谷区内の専門外来で最近登場した新しい抗リウマチ薬は、特に高い効果を発揮しています。それはサイトカイン阻害薬という薬です。痛みや関節の破壊といった症状を引き起こしているのは、自分自身の関節を攻撃する免疫機構以外の何者でもありません。異常が生じた免疫細胞からはサイトカインという物質が分泌され、これが炎症の原因となります。サイトカイン阻害薬はこの作用を弱め、痛みや腫れといった症状を食い止めてくれるのです。サイトカイン阻害薬が実用化されたことで、リウマチ治療は大きく向上しました。従来はなかなか治りにくい病気だったのですが、この薬の効果で寛解にまで至った人が何人もいます。初期段階からこの薬で治療をしていれば、関節破壊も最小限に食い止めることができるのです。サイトカイン阻害薬は世田谷区のクリニックでも導入されています。関節の痛みに悩まされている人は、まず近くの内科で医師に相談してみるといいでしょう。