腰痛は姿勢の悪さが原因かも|生活習慣を見直して早めに改善しよう

看護師

咽頭で発症するがん

医療ベッド

自覚しにくい初期症状

咽頭とは、鼻腔の奥から食堂の入り口までのことを指します。その咽頭にできてしまうがんを、咽頭がんと言います。咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられているのですが、咽頭がんも発症場所によって上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんに分けられています。いずれの咽頭がんも、初期症状が自覚しにくいことが特徴です。つまり、症状を自覚した時には、かなり進行している可能性が高いのです。従って、定期的に検査を受ける必要があると言えます。検査とは、具体的には内視鏡検査となります。また、喫煙や飲酒、大きな声を出す等といった喉の酷使、熱い食べ物といったことが発症に関係しているとされていますので、それらを止める、もしくは気を付けることが予防となります。

手術でなくても高い効果

治療は手術ではなく、放射線治療、もしくは抗がん剤治療を行うのが一般的です。どうしてかというと、咽頭は呼吸をする、声を出す、食べ物を飲み込むといった日常生活に欠かすことができない役割を担っているからです。その咽頭を手術によって一部でも切除してしまうと、日常生活に大きな支障をきたしてしまうからです。但し、放射線治療、抗がん剤治療では効果がなかった、あるいは効果が見込めないほど進行している場合は手術となります。ただ、咽頭がんは他のがんに比べると放射線と抗がん剤が効きやすいという性質があります。そして、放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせると治療成績が格段に向上したというデータもあります。従って、手術を受けなくても高い効果は期待できます。