腰痛は姿勢の悪さが原因かも|生活習慣を見直して早めに改善しよう

女性ドクター

関節の痛みを解決

手

世田谷区内には関節リウマチ患者が約1万人存在すると推定されます。この病気になると手足の関節こわばりから痛みへと発展し、関節の炎症と破壊が全身に広がります。そうなる前に早くから治療を始めた方が治りやすくなります。特にサイトカイン阻害薬という抗リウマチ薬の効果は高く、寛解に至った人も少なくありません。

しっかりと患部に対処する

腰を押さえる男性

腰痛治療を実施しているクリニックの多い行徳ですが、先進的な病院は少ないので、専門性の高いハイレベルな病院を受診したい場合は紹介状をもらいましょう。行徳は住宅が多いので、住宅エリアのなかに病院が多いです。

姿勢の悪さが主な原因

シニア女性

成人するにつけ、腰痛に悩んでいる人が増えてきます。腰痛は加齢と共に現れる症状ですが、若い人でも腰を痛めやすい姿勢や生活習慣によっておこる症状です。加齢やスポーツなどで痛い場合のほかでは、長時間立ち仕事をしている、反対に座る時間が長い仕事をしている人は腰痛になりやすいとされています。また重い荷物を運ぶ頻度が多かったり、椅子に座る際に足を組む癖があったりなど、様々な日常生活の行動が腰痛の原因になります。また、腰痛が病気とつながっている場合では、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などで腰痛が起きることがあります。しかし病気が原因よりも生活習慣やストレス・疲労などで腰痛になる人が多い病気といえます。

腰の痛みでいちばん苦しいのはぎっくり腰になったときです。ぎっくり腰になると、腰からおしりにかけて急激に痛みが走り、動けなくなったり息をするのも苦しいような状態に陥ります。急に重たいものを持ち上げたりすることで起こる症状で、欧米では魔女の一撃と呼ばれたりするものです。ぎっくり腰になったら、まず安静にすることが大切です。また患部を冷やすことが有効ですので、冷やして安静にし痛みを和らげます。腰痛を慢性化させない、改善する早道は生活習慣を見直すことです。ぎっくり腰のような急な腰痛や、慢性の痛みでつらい場合は受診して治療することが大切です。主に薬物療法が行われ、痛みの種類にあった薬剤を使って治療します。痛み止めや湿布で痛みを和らげてくれるので、早期回復が目指せます。

咽頭で発症するがん

医療ベッド

咽頭がんは初期症状を自覚しにくいので、定期的に検査を受けることが賢明です。また、発症原因となる喫煙や飲酒、喉の酷使、熱い食べ物を止める、気を付ける必要もあります。治療は手術をしてしまうと日常生活に支障をきたす恐れがあり、また、相性が良いということもあって放射線治療、抗がん剤治療が一般的です。